【Web制作の裏側】マルコ株式会社 採用サイトができるまで

2022.09.08 制作プロセス
サムネイル

こんにちは。ユニオンネットのディレクター、横山です。

制作会社の現場をお伝えする「Web制作の裏側」。前回の桂三語オフィシャルウェブサイトに続き、今回はマルコ株式会社様の採用サイトができるまでをお届けいたします。

この記事を通じて、ユニオンネットの制作過程やお客様とのディスカッション風景など、Webサイトの制作を少しでも身近に感じていただけると嬉しいです。

マルコ株式会社 採用サイト
https://www.maruko.com/corp/recruit/

公開:2021年11月
Client:マルコ株式会社
Production:UNIONNET Inc.
Director:横山 幸之輔 / Designer:佐々木 可奈 / Engineer:宮本 楓
Photographer:東真子写真事務所
Writer:QUILL 松本 幸

マルコ株式会社とは

1978年、日本ではじめてプロポーションを整えるための”体型補整下着”の価値を広めました。

以来、女性の美を追求し続け、よりクオリティの高い商品開発や独自の体型補整概念に基づくボディメイクとコンサルテーションを中心としたきめ細やかなサービスを実践しています。

ご依頼の背景

補整下着メーカーとしての認知度が高いマルコ様ですが、採用集客には課題を抱えられていました。

これまでは販売スタッフの募集に基準を定めていたので、募集の範囲が狭くなっていました。(編集済)仕事への誇りや製品への愛情を一番に考えているからこその理由ですので、採用サイトを通じてこの課題をどう解決するかが鍵となりました。

そこでWeb集客にとどまるのではなく、販売スタッフ募集に特化させた集客チャネルを開設するなどの提案をさせていただきました。

先方のご要望
✓ 販売スタッフの募集基準が特殊であることから、Webだけでの接点では申込みに直結しずらい
✓ 既存サイトには募集要項しか掲載されておらず、働くスタッフの姿が見えない
✓ 自分たちの特徴が表現されたタグラインをつくりたい

当社からの提案

らしさの言語化

今回お客様からの一番のご要望は“ターゲットに伝えたい内容が伝わり、そこから応募まで繋がる採用サイトにすること”でしたので、まずは「お客様らしさを分解し、言語化していくこと」に注力しました。

何度も打ち合わせを行い、協議を重ね、双方の中でイメージをブラッシュアップしていきました。

実績1978年設立、45年の実績
歴史“体型補整下着”のパイオニア
業界を牽引する企業としての価値
企業の特徴販売スタッフの多くが製品の愛用者であるため、実際の使用感や体型変化の実績をリアルな声としてお伝えできること
働く人々仕事への誇りと自信
仕事への向き合い方真摯に向き合う熱意(真心)
親しみやすいスタッフ

また、求める人物像/届けたいメッセージを言語化したのちに、お客様が抱えている現状の問題点やその理由にも着目し、サイトの中で解決できる案をいくつかピックアップしてご提案させていただきました。

デザインテーマ感謝、安心、柔らかさ、自己実現
導線設計直感的にマルコの想いに「共感」した時に応募ができるようなCTAの設置
コンテンツ会社の雰囲気、働く方々を身近に感じられるように
タッチポイント来店された方/試着会に来れた方/購入された方(メルマガ、店頭ポップ、チラシなど)

タグラインの選定

案出ししたタグライン一覧

「マルコがどんな会社か一言で表すタグライン」については、キービジュアルにも取り入れたいと感じていたので、打ち合わせをしながらイメージを膨らませ、形にしていきました。

現場の熱量を届けるコンテンツづくり

担当者様とお話する中で、“女性はキレイになるため、そして活き活きと輝くために生まれてきた”という考え方を、社内全体を通して大切にされていることがわかりました。

そこで、採用サイトには実際に働くスタッフのインタビューを掲載し、「今働いている人の姿」を見せることで、1人ひとりがもつ熱量をそのまま届けることを意識しました。撮影には、大手アイドルグループの撮影経験もある東真子さんを起用し、ポージングやイメージなどを事前に伝えた上で、実際に店舗で働く店長の皆様やチームリーダの方に撮影のご協力をいただきました。

また、ちょうど同時期にマルコ様で毎年開催されている大きなイベント最中での撮影となり、実際に会場まで撮影チームとして同行し、おひとりずつ撮影した撮影秘話もあります。

撮影にあたっては過密なスケジュール調整が必要でしたが、それも含めて「本気で良いものを作っていこう」という双方の思いが反映され、とても充実した時間となりました。

座談会の様子

座談会のコンテンツでは「販売スタッフ以外の活躍する姿も発信したい」というご要望をそのまま外に発信するのではどうだろうと考え、クロストークという形で収録いたしました。

インタビューに関してはコピーライターのQUILL 松本さんを起用しました。

座談会では初めは緊張されていたスタッフさんも松本さんとお話しするごとにリラックスされて、本音のトークを聞くことができました。

デザイン

イメージの擦り合せで使用したイメージボード(ディレクター制作)

デザインは、マルコ様の魅力がユーザーに視覚的に伝わるよう、「芯のある女性」「熱量」「輝き」をテーマにデザインしています。

トップページのグラデーションのあしらいはこの「熱量」が「伝播」していく様子も表現できればと想い、提案しました。「内に秘めた情熱」「前向きな姿勢」「誠実にお客様と向き合う真面目さ」の意味を込め、ラインのあしらいやフォントで女性の曲線美を表現し、「マルコに出会うことで毎日が輝く女性になる」というイメージをもってもらえるようなデザインにしております。

デザイナー:佐々木

私も実際にマルコ様の撮影現場に同行させていただいたことが、今回のデザイン案には大きく影響したと思います。

スタッフの皆様と会話する中で女性としての外見の美しさだけでなく、「マルコの商品を身につけることで気持ちが前向きになる」という内面の変化もあることを知り、全体のイメージも女性の美しさ+芯の強さと着想することができました。

ディレクターからの伝言ゲームではなく、私自身が実際に現場に同行し、見て、聞いて、感じたことをデザインに落とし込めた点が、よかったなと感じています。

アニメーション

主にキービジュアルになりますが、ディレクター・デザイナー間では「朝日が差し込むような表現をしたい」と考えていました。結果、canvasを用いて光がグラデーションの上をゆったり動き、眩しさを感じるようなアニメーションを実装しました。

エンジニア:宮本

ディレクターさんからマルコ様の社風やスタッフの人柄、制作段階におけるこれまでやりとりなども詳細に教えていただきました。インタビューコンテンツを通した印象も強く、アニメーションイメージでも柔らかさだけでなく緩急のある「らしさ」を表現できたのではないかと思っています。

公開

マルコ株式会社 採用サイト
https://www.maruko.com/corp/recruit/

採用サイトを立ち上げてからの反応として、直接「ありがとう」とお礼の声を聞けることに、一番喜びを感じました。また、新しい社員さんが入社されたとお話を聞いたときは、まるで自分ごとのように嬉しかったです。

採用サイトだけでなく、今後はパンフレット製作も継続してご依頼いただけることになり、また一緒にお仕事できることを楽しみにしております。

マルコ株式会社:中村さま

横山様は初めてお会いした時から癒し系で、弊社スタッフともとても気さくに接してくださり、終始楽しく制作に取り組めました。優しい人柄だけでなく、こちらが表現したいイメージを自然に言語化してくださる方でした。

弊社の過密スケジュールでもきちんと管理して手綱を引いていただけたので、無事にリリースできました。社内の評判も良く「新しい会社の一面を見ることができた」、新入社員に「入社する前に社内の様子がわかって入社の決め手にもなった」などの声が聞けて、ユニオンネット様に依頼して良かったと実感しています。

デザインもとても素敵なので、また今後も一緒にお仕事ができる日を楽しみにしております!この度は本当にありがとうございました。

ディレクター:横山

制作する前の打ち合わせ当初の段階から、担当者の中村様とのお話はパッションの部分やお互いのベクトルが似ていることもあって、毎回すごく感銘を受けていました。

毎回、打ち合わせ終わりにはこちらが「もっと仕事を頑張ろう」と、元気ややる気をもらえるほど(笑)

「絶対にこのサイトで集客を増やすぞ」と、私も中村様も、一眼となって本気で制作に向き合っていける関係性であれたことが、率直に楽しかったです。

まとめ

私たちのできることは、企業の強みを明文化し、見える化していくことだと感じています。今回はヒアリングした内容の幅から、どれだけサイトに落とし込んで見せていくのか、それを考える段階から意見を出し合えたことが良かったと感じています。

今後もそんなサイト制作のディレクションができれば嬉しいです。

最後に、マルコの皆様、担当の中村様、この度は弊社にご依頼頂き、誠にありがとうございました。

この記事が今サイト制作を検討している方、業者選定している方の役に立ってくれると嬉しく思います。当社でもWebサイト制作のご相談がございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

サイト制作のご相談|株式会社ユニオンネット

編集:松山 知奈美

最後の写真、いいねっ!

この記事を描いたひと

UNIONNET Inc. スタッフ

株式会社ユニオンネットのスタッフ。
https://www.unionnet.jp/company/#staff

  • Copied!

TAGS